下肢静脈瘤プラザ|最新の下肢静脈瘤レーザー治療。|東京都江戸川区の江戸川病院・千葉県市川市のメディカルプラザ市川駅

今まで船橋で5回ほど講演させていただきましたが、来る2月15日(月曜日)に6回目のセミナーを開きます。

 

下肢静脈瘤は表面にボコボコとした血管が膨らんでいるものだけと思っていませんか?

 

赤い毛のように見えるクモの巣静脈瘤(スパイダーベイン)は、放置していても健康には悪影響はでません。そのため、医療機関で診察を受けても、医学的に問題がないから経過観察するよう言われてしまうのです。

 

でも、そのスパイダーベインは下肢の静脈高血圧を示す危険信号かもしれません。静脈弁の逆流による血液のよどみにより、静脈高血圧が起こります。スパイダーベインは、よどんだ静脈の血液が皮膚の毛細血管に逃げてきた可能性があります。

 

つまり、弁がこわれている隠れ下肢静脈瘤が潜んでいるサインかもしれません

 

今回の講演では、医療機関でも見逃されやすい隠れ静脈瘤と下肢の静脈高血圧をわかりやすくご紹介します。

 

日時:平成28年2月15日 月曜日 午後7時開演

場所:千葉県船橋市本町1-3-1 フェイスビル6階 市民文化創造館(きららホール)

   JR・東武 船橋駅南口または京成本線京成船橋駅東口から徒歩約2分

 

講師:江戸川病院心臓血管外科統括部長 榊原直樹

講演内容:静かにしのびよる隠れ下肢静脈瘤

定員:150名

 

入場無料です.
資料やお席の準備の関係上,予め下記にご連絡ください.

 

江戸川病院 地域連携室 (女川 おながわ) 0120-518-120