下肢静脈瘤プラザ|最新の下肢静脈瘤レーザー治療。|東京都江戸川区の江戸川病院・千葉県市川市のメディカルプラザ市川駅

ある日の診察室風景8

昨日は血管内レーザー焼灼術やラジオ波焼灼術、そして外来の一日でした。 患者さんたちの静脈は針を刺しやすかったので、そこから光ファイバーやカテーテルを入れることができたので、傷をまったく作らずに手術が終了しました。 しかし、ひとりの患者さん( …

ある日の診察室風景7

今日は血管内レーザー焼灼術と外来の一日でした。   今日の患者さんは30歳代の女性で、ふたり目のお子さんを出産されてから、両足の膝下に血管らしき膨らみが出てきたことをお悩みで来院されました。   見た目では、太ももには血 …

ある日の診察室風景6

今日は血管内レーザー焼灼術、ラジオ波焼灼術の手術と外来を行いました。 手術と言っても日帰り手術ですので、患者さんが病院にいる時間は3時間程度です。   でも、入院希望の方もいます。ご高齢や足腰がきかずに歩くのに時間がかかる方は、ご …

ようこそ、むくみの世界へ:第2回「むくみ」はどうして起こるのでしょう?(後編)

静脈やリンパの流れは、からだにおける家庭ごみの収集に似ていることを前回お伝えしました。 さて、もうじき年末年始のお休みに入りますよね。残念ながら、今年は例年より少しお休みが少ない気がします。 ごみ収集車はこのお休みの間は来なくなりますが、み …

ある日の診察室風景5

今日は一日中外来でした。 最後に診察したのは40歳前後の女性でした。私の外来を受診した理由は膝裏のスパイダーベイン(クモの巣状静脈瘤)とレティキュラーベイン(網目状静脈瘤)でした。夕方になると、足がむくむのが心配で来たそうです。 &nbsp …

ある日の診察室風景4

昨日の外来で右太もものつり(こむら返り)と膝上の皮下出血で相談に来られた年配の男性がいました。今現在も、現役で立ち仕事をされています。   夜中になると、右足の太ももが急に痛くなり、ちょうどそのあたりに出血したあとがあったため、心 …

ある日の診察室風景3

昨日は久しぶりに内翻式ストリッピング手術を行いました。これは下肢静脈瘤の原因となっている太ももの内側を走る大伏在静脈(だいふくざいじょうみゃく)を引き抜く手術です。もちろん、健康保険がきく治療ですよ。   ストリッピング手術とは、 …

ようこそ、むくみの世界へ:第2回「むくみ」はどうして起こるのでしょう?(前編)

むくみはなぜ起こるのでしょうか?   一般的なむくみは血液の流れとのかかわりがあります。血液の流れとは、心臓をスタート地点とした往復の循環(じゅんかん)のことです。いわば、血管を通して全身へ酸素や栄養を輸送したり、いらなくなった老 …

ある日の診察室風景2

今日は、医療連携をしている別の施設で手術指導をしてきました。   主に血管内ラジオ波焼灼術とレーザー焼灼術の指導です。 どちらも同じ効果で、どちらを選んでも構わないと思われがちですが、それぞれには向き、不向きがあります。うまく使い …